先人の知恵に学ぶ


 
博物館案内 概要 施設 企画展 催し物 展示室 刊行物 ひいらぎ通信
 インターネット博物館
学芸員室へようこそ
館長室 清瀬市
まちの情報
通 史 考古学 陶磁器
石 仏
古文書
古民家
民俗学
研究報告



 博物館案内  催し物

概要

施設

企画展

催し物

展示室

刊行物

ひいらぎ通信
 
 

 平成30年度(2018年度)
 
 

春の藍染め教室

日付 3月10日(日曜日)
時間 午前10時~正午
場所 郷土博物館 伝承スタジオ
費用 1,000円
定員 25名
講師 中村千代氏
申し込み 3月1日(金曜日)から
電話で郷土博物館(042-493-8585)
持ち物 バケツ、ゴム手袋、エプロン、洗濯バサミ2個、ビニール袋



サロンコンサート 「江口心一 チェロコンサート」更新日:2019年01月31日

日付 3月30日(土曜日)
時間 開場:午後5時30分
開演:午後6時
場所 郷土博物館 展示ホール
定員 58人
入場料 800円(全席自由) 
チケット販売・購入方法 【チケット発売日】3月1日(金曜日)午前9時より
【購入方法】
1.郷土博物館の受付窓口に直接お越しのうえご購入ください。
2.電話予約で購入の場合、3月1日(金曜日)~3日(日曜日)の午前9時から午後5時までの間に電話で申込みをし、3月3日の午後5時までに博物館窓口にて直接入金された方に限ります。いずれの場合も先着順にて受付し、定員になり次第終了となります。

注1)お一人様2枚まで
注2)1.2.とも先着順にて受付し、定員になり次第販売終了
注3)未就学児は入場できません
注4)チケットの払い戻しはできません
座席・その他 ・全席自由となります
・当日の午後5時からは入場券がないと入館できません。お席へのご
 案内は午後5時30分からとなります。

題名のない音楽会」で高速超絶技巧を披露した、江口心一氏を迎え、チェロのコンサートを開催します。

【出演者】
・江口 心一
・杉浦 彩

【曲目】
・G線上のアリア
・ヴィヴァルディ ソナタ イ長調  他


**プロフィール**

江口心一(えぐち しんいち)

3歳よりヴァイオリンを始め、8歳の時にチェロに転向

1991年3月 桐朋女子高等学校音楽科(共学)を卒業

1991年8月 ベルギーブリュッセルに留学

1992年    フランスパリ国立高等音楽学院に首席入学

1997年    同校で一等賞(プリミエ・プリ)を獲得

2000年    東京都交響楽団に入団 同時に室内楽奏者としても活躍



ミュージアム・シアター 「縄文時代3」

日付 3月28日(木曜日)
時間 午後1時30分~
場所 郷土博物館 映像展示室

※直接会場へ
定員 50名
参加費 入場無料
上映内容 1.「青森三内丸山遺跡(伊皿子貝塚古墳)」 上映時間57分
 
5500年から4000年までの縄文土器が多数出土し、注目を集める三内丸山遺跡の発掘現場。慎重に掘り出し土器を復元する。集落全体の復元も試み当時の暮らしを専門家の立場から推論。出土した石からの交易の跡も興味深い。



ミュージアム・シアター 「縄文時代2」

日付 2月21日(木曜日)
時間 午後1時30分~
場所 郷土博物館 映像展示室

※直接会場へ
定員 50名
参加費 入場無料
上映内容 1.「縄文時代の暮らし」 上映時間30分

 港区にある伊皿子貝塚の遺跡発掘調査によって出土した遺物、遺構を柱にして、貝塚が構成された縄文後期に住んでいた祖先が、どのような生活環境で生活し文化をもっていたかを考える。

 
2.「石の文化」上映時間29分
 
 日本各地に残る無土器時代から江戸時代の石の文化財をたずね、ものいわぬ石が語る日本歴史の側面をさぐる。
 

「縄文時代」をテーマとした映画会シリーズ第1弾。16ミリフイルムによる上映。(全3回)



城田孝一朗作品特別公開展

城田氏の生まれ故郷、長野県の阿南町から寄贈された清瀬市ではまだ未公開の作品を、4日間特別に公開致します!
是非この機会にご鑑賞ください。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


特別公開展概要
場所:東京都下清戸1-212-4 コミュニティプラザひまわり 301号室
会期:平成31年3月21日(木曜日)~24日(日曜日)まで
時間:午前10時~午後3時まで
入室料:無料

※室内での写真撮影、携帯電話の使用等はできません。


歴史講座「清瀬の昔語り7・8」

日付 第7回 平成31年2月16日(土曜日)/ 第8回 2月23日(土曜日)
時間 各回とも午後2時~4時
場所 郷土博物館 講座室
内容 第7回「地域史からのアプローチ1」
これまでの清瀬の歴史を振り返りつつ、新しい視点で清瀬の歴史を読み解きます。
第8回「地域史からのアプローチ2」─歴史研究の地平─
地域の歴史を復元することは、中央の歴史を知る大きな手がかりであると考えてきました。
その手法を検証するために用いた材料は『日本書紀』でした。その成果を講座で紹介します。
講師 内田 祐治 (郷土博物館学芸員)
募集人員  30名 (先着受付)
申し込み 2月1日9時より電話で受付
郷土博物館 (042)493-8585
どちらか片方の講座だけでも受講することが可能です。
博物館
スタンプラリー
この事業は、博物館スタンプラリー対象事業です。

博物館開館以来30余年にわたる調査活動で垣間見えてきた郷土清瀬の歴史を振り返りながら、
新しい視点で歴史を紹介する講座です。


企画展 「渡辺うめ人形展 あぜみちの詩」

日付 会期 平成31年2月2日(土曜日)~24日(日曜日) 但し、4日(月曜日)、12日(火曜日)、18日(月曜日)は休館日
時間 午前9時~午後5時
場所 清瀬市郷土博物館 ギャラリー
入場料 無料
関連事業・講演会/「農民人形に込めた思いと制作へのこだわり・・・」 日時 平成31年2月9日(土曜日)
   午後2時~午後3時30分
講師 石野眞菜 氏
定員 30名(先着受付)  
会場 郷土博物館 講座室
費用 無料
申込 2月1日(金曜日)から電話で郷土博物館まで。定員になり次第締め切り

講演内容:渡辺うめの長女である講師の石野氏が、実際に見てきた作家の人形作りに掛ける思いや、制作のこだわりをここでしか聞けない秘話なども交えながらみなさんに語ります。

第18回テーマ展示「明治維新と清瀬、そして明治時代の学校」

日付 平成31年1月20日(日曜日)~3月31日(日曜日)
※月曜日休館、ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌日は休館
時間 午前9時~午後5時
場所 郷土博物館 1階展示ホール

平成30年は、「江戸」から「東京」へ変わって150年の節目でした。清瀬周辺は、明治26年に東京府に編入される前は、韮山県、品川県、そして神奈川県とめまぐるしく管轄が変わっていきました。今回のテーマ展示では、幕末~明治時代中ごろの清瀬の歴史とその頃の学校の様子を所蔵資料で紹介します。


                 辰御年貢可納割附之事(明治元年)
  
    
             神奈川県地理小誌(明治20年)           明教小学校設置伺(明治20年)
昔の清瀬の学校の写真展示や明治時代の教科書の実物を触れるコーナーを設置します。昔の教科書を手に取って実際にみてみませんか?

以下、順次更新いたします。

平成30年度(2018年度)の催し物予定一覧

 事業名 実施日  内 容
4月
自然観察会 4月22日(日)  郷土博物館の敷地内に生息する昆虫や草木を観察。
ミュージアムシアター  4月19日(木) ・下宿のふせぎ行事 (33分)
・百村の蛇より行事 (30分)
5月   
文化財散歩 5月12日(土)  野塩から中里地域の文化財散歩。野塩八幡神社・円福寺・東光院・中里の富士塚など見学。
柏餅作り 5月17日(木)  清瀬の伝統料理、柏餅作り。
 歴史講座「清瀬の昔語り1」 5月20日(日) 「回想、21万㎡におよぶ下宿内山遺跡の発掘調査」
 ミュージアムシアター 5月24日(木) ・多摩川上流域の獅子舞 (30分)
・伝統に生きる村山大島紬 (30分)
 歴史講座「清瀬の昔語り2」 5月27日(日)  「江戸時代の清瀬へ来た焼き物の道」
6月 
洋楽コンサート 6月3日(日)  未定
テーマ展示関連講座 第1回 6月9日(水) 「清瀬に残る謎の石造物─長命寺の石塔・灯篭を巡る─」
うどん作り 6月10日(日)  清瀬の伝統料理、、手打ちうどんを作る講習会。
テーマ展示関連講座 第2回 6月16日(土)  「中里の富士塚探訪─富士塚の石造物の謎解き─
初夏の染物教室  6月20日(水)  伝統的な草木染の実演・指導。
ミュージアムシアター 6月21日(木) ・鳳凰が飛んでる村 (30分)
・武蔵国府郷土カルタ都民と文化財 (30分)
 歴史講座「清瀬の昔語り3」 6月23日(土) 「清瀬の歴史を追ってきた調査者としての想い」
 歴史講座「清瀬の昔語り4」 6月30日(土) 「回想、空堀川流域の縄文遺跡群の発掘調査」
7月 
小麦の棒打ち 7月1日(日)  清瀬における、伝統的な農作業の実演と体験。
手作り講習会  7月6日(金)  裂き織り布を使った小物作り。
 歴史講座「清瀬の昔語り5」 7月21日(土) 「埋もれていた旅の記憶─伊勢西国道中記名所覚─
 ミュージアムシアター 7月26日(木) ・源氏物語の世界 (30分)
・古今和歌集を学ぶ (25分)
 歴史講座「清瀬の昔語り6」 7月28日(土) 「土器文様の世界─縄文時代中期─
サロンコンサート 未定  
8月   
企画展「清瀬の富士講展」 8月11日(土)~9月2日(日)  江戸時代の中里に創立した、富士講の世界を展示。
ミュージアムシアター 8月30日(木) ・平家物語の世界(25分)
・紀貫之の生涯 (31分)
宿泊体験学習 8月23日(木)~24日(金)  小学校3年生を対象とした、博物館での宿泊体験学習。
(火の花祭りのとうろう作り) 未定   富士講の年中行事「火の花祭り」で使われる、地口あんどん作り。
9月   
津軽三味線コンサート 9月1日(土)   郷土博物館で行うコンサート
 (仮称) 火の花祭り見学ツアー 9月1日(土)    富士講の火の花祭りを見学。(夕食に、郷土博物館で清瀬の伝統料理である手打ちうどんを食べます)
はたおり教室 9月5(水)~26日(水)の期間内で個別実施  伝統的な裂き織り技術を体験。
ミュージアムシアター 9月20日(木) ・川端康成と伊豆 (30分)
・井原西鶴をさぐる (25分)
はたおり教室 9月26日(水)  伝統的な裂き織り技術を体験。
男のうどん打ち!  9月27日(木)   清瀬の伝統料理、手打ちうどんを作る講習会。男性限定。
テーマ展示関連講座 未定
10月   
ゆでまんじゅう作り 10月13日(土)  下宿市民センター東側の復元古民家旧森田家で行う、清瀬の伝統料理「ゆでまんじゅう」作り。
 文化財探訪  10月27日(土)  清瀬の東北部に所在する、寺社や復元古民家などを訪ね歩く文化財探訪。
11月   
12月   
しめ縄作り 12月9日(日)  ふせぎ保存会の指導によるしめ縄作り
餅つき 12月16日(日)  昔ながらの餅つきの実演と指導。
クリスマスコンサート 12月23日(日)  音響の優れた展示ホールで行うクリスマスコンサート。
1月(平成31年)   
小正月の繭玉飾り 1月12日(土)  中清戸婦人会の指導による、繭玉作りと焼きだんご。
ミュージアムシアター 1月24日(木) ・縄文時代の土の造形(12分)
・縄文時代 (47分)
第18回テーマ展示「明治維新と清瀬、そして明治時代の学校」  1月20日(日曜日)~3月31日(日曜日)  平成30年は、「江戸」から「東京」へ変わって150年の節目でした。清瀬周辺は、明治26年に東京府に編入される前は、韮山県、品川県、そして神奈川県とめまぐるしく管轄が変わっていきました。今回のテーマ展示では、幕末~明治時代中ごろの清瀬の歴史とその頃の学校の様子を所蔵資料で紹介します。
2月   
節分・豆まきとやっかがし 2月2日(土)  清瀬で行われている、節分の伝統行事。
企画展「渡辺うめ人形展 2月2日(土)~24日(日)  ふるさとの心豊かな生活を映し出す、渡辺うめ氏の人形展。
自然野鳥観察会 2月9日(土)  柳瀬川沿いの金山公園周辺で野鳥を観察。
ミュージアムシアター 2月21日(木) ・縄文時代の暮らし(伊皿子貝塚古墳)(30分)
・石の文化 (29分)
 歴史講座「清瀬の昔語り7」 2月16日(土) 地域史からのアプローチ1
 歴史講座「清瀬の昔語り8」 2月23日(土)  地域史からのアプローチ2
3月   
親子で郷土料理づくり 3月24日(日)  親子で清瀬の伝統料理うどんを作る。
ミュージアムシアター 3月28日(木) ・青森三内丸山遺跡(木と土の王国)(57分)

 ・お願いとご注意
 都合により、イベントの日程・内容が変更される場合や、事前申し込みが必要な催し物もございます。詳細については当館へお問い合わせください。
 



Top

問い合わせ先

郷土博物館事業係
郵便番号:204-0013
住所:東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号  :042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808



許可無くして無断転載禁止。すべてのページの著作権は当館、あるいは著者に属します。
Copyright © 2018 KIYOSE City Museum. All Rights Reserved.