先人の知恵に学ぶ


      
 
博物館案内 概要 施設 企画展 催し物 展示室 刊行物 ひいらぎ通信
 インターネット博物館
学芸員室へようこそ
館長室 清瀬市
まちの情報
通 史 考古学 陶磁器
石 仏
古文書
古民家
民俗学
研究報告

 概要  
   清瀬市郷土博物館は、武蔵野の雑木林を再現した木々や野草に囲まれたシルバーグレーの建物です。先人の知恵に学び、新たな市民文化を創造するため、清瀬市民文化センターを併設した多機能な新しい形の博物館として1985年(昭和60年)11月にオープンし、1987年には㈳東京都建築士事務所協会による東京建築賞最優秀賞を受賞しています。

 館内は、一階に歴史や伝統芸能・文化財などの情報を提供するインフォメーションセンターのほか、歴史展示室・民俗展示室・映像展示室、喫茶コーナーがあり、二階には市民の方々の活動の場としてギャラリー・講座室が設けられています。さらに別棟として、囲炉裏や土間のある伝統的古民家の間取りを再現した伝承スタジオも併設し、先人の暮らしを体験できる特色ある施設となっています。

 清瀬市郷土博物館は、地域の文化の拠点として、市民の皆さんに身近で親しみのある博物館として様々な事業を展開していますので、 皆さんも、ぜひおいでください。
  
   清瀬市郷土博物館では、先人の知恵に学び、未来への豊かな地域文化を創造していくため、市民の方々ならびに社会教育や学校教育の場へ、学芸員室からさまざまな歴史資料を提供しています。ご利用の方は、左タイトルボタンをクリックしてください。
  
 利用案内
・開館時間
      午前9時から午後5時まで

・休館日
      毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
      1229日から13日まで

・入場料
      無料(企画展を除く)
アクセス  
  ・交通機関
      西武池袋線「清瀬駅」北口より徒歩約10分。
      または、北口バス乗り場1番より乗車、「郷土博物館入口」
      下車徒歩約1分。


・駐車場
      正門側駐車場10台、南側駐車場約10台停められます。
      企画展時は他に臨時駐車場を設ける場合もありますので
      お問合せください。

 



 
清瀬市郷土博物館友の会 (略称:清博友の会) 
  友の会とは 
 
2016年 友の会ミニ研修(日本工業大学工業技術博物館前)
 博物館事業に積極的に参加し協力しながら、会員相互の知識と親睦を深めあい、文化面からの“まちづくり”や、特色ある地域文化の発展に寄与することを目的とする団体です。博物館の開館よりひと足早い昭和601020日に発足しました。 友の会には、どなたでも入会できます。

年 会 費

区分 

会 費 

対 象 

一般会員 

1,000 

本人のみ

一般会員

(中学生以下の方)

500

本人のみ

賛助会員

3,000円(一口)

本人および会社・団体


  友の会の活動
  • 定期総会の実施
  • 総会時に特別講演の開催及び郷土の記録映画の上映等の実施
  • 年3回(宿泊、日帰り、ミニ)の親睦研修旅行を貸切バスを利用して実施
  • 清博きよせ塾(見学勉強会)を、年度ごとに異なるテーマを設定して年3回程度実施
  • 会報(友の会ニュース)及びフォトミュージアム(清瀬をテーマとした写真入り解説文)の発行
  • 博物館事業へのボランティア協力及び支援活動
  • 会員親睦もちつき会 など

   会員の特典
 
  • 会員証の発行
  • 友の会ニュース、年3回送付
  • フォトミュージアム、年5回分総会時に配布
  • 友の会主催事業並びに関連行事のご案内や資料の送付
  • 博物館グッズの割引販売(一部の商品のみ)
  • 博物館事業(特別企画展)へのボランティア協力活動をされた方は、優先的にミニ研修会に参加が可能
  • Cafe「わかば」にてブレンドコーヒー100円割引

関連ファイル

   友の会入会のご案内(PDF:331 KB)

   友の会申込書(PDF:60 KB)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。  
入会のお申し込み 
 申込用紙に必要事項を記入して、年会費を添えて博物館受付まで。
 (申込用紙は添付ファイルから印刷できます。)
 詳細は、清瀬市郷土博物館までお問い合わせください。
 

 フォトミュージアム清瀬が発刊されました
 郷土博物館友の会が、創立30周年記念事業として取り組んできた、会発足当初から発行しているフォトミュージアムの合本化が完了し、「フォトミュージアム清瀬」として刊行いたしました。
 清瀬に関する総合写真百科ともいえるこの本を、貴重な郷土資料としてどうぞご覧ください。

     B5版カラー 259頁 
     販売価格 1,000
     販売場所 清瀬市役所1階案内・松山地域市民センター
          野塩地域市民センター・中央図書館・郷土博物館 


清瀬市郷土博物館リーフレット 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 
 清瀬市郷土博物館の開館時間・アクセス・展示室などについての概要を紹介しているリーフレットです。
 以下のPDFファイルでご覧いただけるほか、郷土博物館受付カウンターなどで無料配布しております。博物館へ来館される際などに是非ご活用ください。



郷土博物館の団体見学について 

関連ファイル


Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
 当館の団体見学をされる際、学芸員による解説をつけることができます。 解説を希望される場合は、以下の手順に沿ってご申請下さいますようお願いいたします。

1.見学希望日を決め、その日より3ヶ月から2週間前までの間にご連絡下さい。

注: 必ずしもご希望の日にお受けできるとは限りませんので、希望日を複数挙げて頂けると助かります。また、毎年1月から3月までの間は大変込み合い、希望日にお受けできない可能性が高くなります。この時期に見学を希望される団体の方は、なるべくお早めにご連絡下さいますよう、ご協力をお願いいたします。


2.見学日時の確定後、「博物館見学願」に詳細をご記入のうえご提出下さい。

注:「博物館見学願」は、本ページの関連ファイルからダウンロードできます。


3.学校の団体見学の場合、説明内容等について事前打ち合わせを行わせていただきます。お手数ですが、事前打ち合わせの日時を担当者と取り決めていただき、見学日の1週間前までにご来館下さい。

 事前打ち合わせの際、児童・生徒の皆さんが見学当日に使用する予定のワークシートなどがありましたらご持参下さい。また、清瀬市立以外の学校が授業の一環で見学にいらっしゃる場合、授業で使用されている教科書・副読本等をお持ち下さい。

注:一般の団体については事前打ち合わせは必須ではありません。ご要望がある場合のみ、承ります。



ご注意

  1. 状況に応じて、申請手順が上記と異なることがございます。その際は職員の指示に従って下さい。
  2. 原則として、対応を行う学芸員は1人です。学校の団体見学の場合はクラスごとに来館するなど、1人で対応できる人数でお出で下さいますようご配慮をお願いいたします。
  3. 見学当日に駐車場の確保等が必要な場合、事前にご相談下さい。
  4. 見学当日に急な時間変更や中止が生じた場合、速やかにご連絡いただけるようお願いします。

   






Top

問い合わせ先

郷土博物館事業係
郵便番号:204-0013
住所:東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号  :042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808

  


許可無くして無断転載禁止。すべてのページの著作権は当館、あるいは著者に属します。
Copyright © 2018 KIYOSE City Museum. All Rights Reserved.