掘り出された聖文 目次
─縄文時代中期遺跡発掘調査の記録─







  このホームページは、東京都清瀬市を流れる空堀川東岸の台地上に営まれていた、縄文中期集落遺跡(勝坂U式期〜加曾利EW式期)の10年におよぶ発掘調査の記録である。
 
掘り出された聖文 目次
選択ボタン 項 目   

プロローグ
第一章 
 野塩外山遺跡発掘調査の記録


第二章 
 答えのない世界


第三章 
 野塩前原遺跡発掘調査の記録


第四章
 野塩前原東遺跡
   
第一次発掘調査の記録


第五章 
 野塩前原東遺跡
   
第二次発掘調査の記録

以下順次公開 第六章
 野塩前原東遺跡
   
第三次発掘調査の記録

第七章 
 土器文様の世界1

  ―
描かれた神話を追って

第八章 
 土器文様の世界2

  ―
要素記号の意味を追って

第九章
 文様に現れた神話世界


付録 神話幻視


  

 執筆・編集
       清瀬市郷土博物館
        学芸員 内田祐治

 制作    2005年3月
 



CON



  歴史読本
【幕末編】
多摩の江戸時代の名主が書き残した「日記」や
「御用留」を再構成し、小説の手法をもって時代
を生きた衆情を描き出した読本。

 
 夜語り
─清瀬の年中行事─
 
 学芸員室から
─研究過程の発想の軌跡を紹介─
 
 
施設案内  インターネット
博物館